シャーロック・ホームズの冒険 シーズン2

概要(wikipediaより)

原作に忠実であることを意識して作られており、物語の背景となる19世紀ヴィクトリア朝の、古く重厚な趣きあるロンドンを再現。また鹿撃ち帽にインバネスコートといったホームズお馴染みの姿は原作発表当時のイラストレーターだったシドニー・パジェットの創作であることから本作では姿を見せない等、徹底している。ただし、鹿撃ち帽単独では、ロンドン市内を出る大きな外出の時によく使われている。特筆すべきは相棒にしてホームズの伝記作家でもあるワトスン医師の描かれ方である。それまでの映像作品などではホームズを引き立てるため、どちらかと言えば騒がしく愚鈍な人物として描かれてきた彼を、信頼できる真の英国紳士として復活させた。後期に至っては、原作自体が映像化困難なもの、出来が悪いものを何とか鑑賞に堪えるものとするため、そしてジェレミー・ブレットの体調問題などにより様々なアレンジが加わっている(中には非難の声の大きいものもある)。また初期に使われていたベーカー街外観のセットも、観光ルートになってしまい使用できず、様々なアプローチが取られている。



ドラマを見る】【第1話】【第2話】【第3話
人気ブログランキング】【動画を見る】 【ランキングを確認】 【FC2 Blog Ranking
ドラマを見る】【第4話】【第5話】【最終話
人気ブログランキング】【動画を見る】 【ランキングを確認】 【FC2 Blog Ranking

コメントを残す