母と暮せば


概要(amazonより)

1948年8月9日。
長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、
3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。
「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこれられなかったんだよ」。
その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。
二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。
「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。
そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。
その幸せは永遠に続くようにみえた―。


映画を見る】【第1話】【第1話】【第1話
人気ブログランキング】【動画を見る】 【ランキングを確認】 【FC2 Blog Ranking

コメントを残す