ホールド・ザ・ダーク そこにある闇


概要(amazonより)

『グリーンルーム』、『ブルー・リベンジ』のジェレミー・ソルニエ監督が、2015年にウィリアム・ジラルディが上梓した同名小説を原作に映画化したミステリー。動物行動学に詳しい作家が、息子をオオカミにさらわれたと訴える母親の依頼でアラスカの寂れた村を訪れ、次第に恐ろしい事件に巻き込まれていく姿を描く。アラスカ州、1人の男の子が突如として行方不明になった。父親のヴァーノンは、中東で軍役に就いていたため、母親のメドラが1人で事態の対処に当たることに。しかし、極度のストレスが原因で体調を崩してしまったメドラ。近所に暮らす子供3人が狼に襲われて命を落としていたこともあって、メドラは息子が狼にさらわれたと確信し、作家のラッセル・コアに助力を仰いだ。ラッセルは、狼の行動に熟知していることでも知られていた。依頼を引き受けたラッセルは、アラスカへと急行するが、そこで彼を待ち受けていたものは、狼以上に恐ろしいものであった・・・。


映画を見る】【第1話】【第1話
人気ブログランキング】【動画を見る】 【ランキングを確認】 【FC2 Blog Ranking

コメントを残す