ベルベット・バズソー:血塗られたギャラリー


概要(netflixより)

ナイトクローラーのダン・ギルロイ監督とジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソが再びタッグを組んでおくる芸術界を舞台にしたサスペンス・スリラー。ロサンゼルスのアート業界では、画廊の商売人たちは如何にして絵を高く売りつけるかということばかり考えていた。そんな彼らにとって、絵の価値が分からないのに良い絵を買おうとする金持ちはカモでしかなかった。商売人たちはスノッブを上客として扱いつつも、心の底では軽蔑していたのである。ジョセフィーナは、そんな世界に飛び込んだばかりだった。ある日、ジョセフィーナは、偶然にも素晴らしい絵の数々を発見する。それは、同じアパートに住んでいた老人が描き残したもので、極めて不気味な作品ではあったが、傑作の風格がそこにはあった。その話を聞いたモーフとロードラは、ジョセフィーナを出し抜き、老人の絵画を高値で売り出すことに。老人は亡くなる間際に、「自分の死後、描いた作品は全て廃棄して欲しい」と言い残していたが、利益に目がくらんだ2人は遺言を無視した。絵画の素晴らしさは、SNSを通して世界中に発信されていったが、2人の周辺で怪現象が頻発するようになり・・・。



映画を見る】【第1話】【第1話】【第1話
人気ブログランキング】【動画を見る】 【ランキングを確認】 【FC2 Blog Ranking

コメントを残す